年末ジャンボ 1等の前後賞

年末ジャンボ(第770回) 1等の前後賞

年末ジャンボ(第770回)に戻る

年末ジャンボ(第731回)に戻る

等級 金額 番号
1等 7億円 165 186859
1等の前賞 1.5億円 165 186858
1等の後賞 1.5億円 165 186860
1等の165組と一致していることが条件。
年末ジャンボ宝くじ2018(第770回全国自治宝くじ)の1等の前後賞とは?
これは2017年年末ジャンボ宝くじの1等です。

番号が1等の前後とは、
(読み方)
前賞ぜんしょう
後賞ごしょう

186855
186856
186857
186858番 ← 1等の前賞(+165組に一致)
186859番 ← 1等(+165組に一致)
186860番← 1等の後賞(+165組に一致)
186861
186862
186863

と番号が続いています。

(!! 間違った後賞 !!)
186859番の下1ケタは9番。
9番の次の数字は循環で0番になるので…
1等の後賞→186850番→これは間違いです!!

(◎ 正しい1等と前後賞 ◎)
165186859なら7億円(1等)。
165186858なら1億5,000万円(前賞)。
165186859なら1億5,000万円(後賞)。
年末ジャンボ宝くじ2018(第770回全国自治宝くじ)の1等の前後賞とは?

186859番は一致していたけど165組じゃなかった…」
安心してください。
1等の組違い賞(30万円)に当せんしています。

186858番(もしくは186860番)で166組とかは?」
残念ながら、それは無当せん(不的中)です。

宝くじの番号は100000番〜199999番の10万枚で発行。
100000番の前の数字は099999番ではなく199999番に循環。
199999番の次の数字は200000番ではなく100000番に循環。

100000番最初の番号
100001番
100002番
100003番

・ (途中省略)

199996番
199997番
199998番
199999番最後の番号
100000番最初に戻る
100001番
100002番
100003番



199999番の次は、また100000番です。

↓その他、前後賞の一例です。
(例:1)
1等の前賞 → 12組 123455
1等    → 12組 123456
1等の後賞 → 12組 123457

(例:2)
1等の前賞 → 12組 123449
1等    → 12組 123450
1等の後賞 → 12組 123451

(例:3)
1等の前賞 → 12組 199999
1等    → 12組 100000
1等の後賞 → 12組 100001

(例:4)
1等の前賞 → 12組 199998
1等    → 12組 199999
1等の後賞 → 12組 100000

2017年の年末ジャンボ宝くじの賞金は
1等 → 7億円
前賞 → 1億5,000万円
後賞 → 1億5,000万円
なので1等・前後賞合わせて10億円と呼びます。

年末ジャンボミニ 1等の前後賞
年末ジャンボ宝くじ 1等の組違い賞
年末ジャンボミニ 各組共通
年末ジャンボ 下ケタ
年末ジャンボ 組下1ケタ
営業時間 西銀座チャンスセンター(日本一の有名店)
大阪駅前第4ビル特設売場(日本一の高額当せん売場)
宝くじ売り場(最寄りの売場)
宝くじの買い方 連番・バラ(年末ジャンボ基本の買い方)
ダブル連番・ダブルバラ(10億円×2=20億円を狙う)
3連バラ(30枚セット/連番&バラ同時購入)
福連100(100枚購入)
特連・タテ連(1,000枚購入)
中口購入・大口購入(300万円購入)
年末ジャンボ宝くじ2018(第770回全国自治宝くじ)当選番号