第8回ロト6抽せん実況中継

2000年(平成12年)11月23日(木曜日)

ロト6第8回・抽せん実況中継:「強烈な年寄弁護士」

11月23日、勤労感謝の日。
ロト6に休日はありません。今回はCS(GAORA)の生中継もありません。マイケル富岡が懐かしいですねえ。
今日は休日のため、宝くじドリーム館に付設の宝くじ売り場はお休みでした。一年前も勤労感謝の日はミニロトの抽せんがありましたが、お休みだったので面食らってしまいましたが、その経験から事前に買っておきました。
もし、リハーサル出目などを参考に買うのならJRの新橋駅烏森口の売り場まで走らなければなりません。片道5分くらいかかりますからちょっと引いてしまいますね。宝くじドリーム館のサンダルオヤジ(ドリーム館の管理人のようだが、いつも一般客風を装っているため、係員には到底見えない)に「どうして抽せんがあるのに売り場を開けないのか」と聞けば、「ウチとは関係ないから」とそっけない返事。「ファンを大切にしないさいよ。」と私はこころの内で思いました。売り上げも22億円超でしたから、キャリーオーバーがなくとも皆さんは買っていますねえ。

5時15分に開いたドリーム館は、始めは閑古鳥状態でしたが、抽せん時刻が近づくにつれて黒山の人だかりとなりました。

第8回ロト6 リハーサル抽せん数字

01 10 13 26 33 37

ボーナス数字

15
勤労感謝の日にも関わらずドリーム館に集結するヒマなロト6愛好家が見守る中、第7回「ロト6」の抽せんが始まりました。

今日のボタン押しは、CSの中継が来ていたときに第1回・第3回・第7回抽せんで摘出球を取り出していた「本D」氏でした。この人はボタンを押すまでの時間が長かったり短かったりで、今一つ読めない人です。見た目の割りに低い声を出すのには驚きましたがね。

さて、女性の講評は置いておいて、第1個目は「43」でした。
最高数字の出現で、場内は少々ザワザワ。

期待する2個目は「16」。
偶数回抽せんでよく出る「16」でした。皆さん買いましたか??

続いて出現した3個目は「20」。
ちょっと気になったのは、ここまでで「16・20・43」。これは第2回の出目と同じです。第2回ロト6の抽せん数字を機械的に書いただけでも5等当せんです。ドウ言うこっちゃ。

4個目は「42」が出現。
記者発表・リハーサル数字・本番で唯一出現したことがなかった「42」がついに出現しました。しかも「42・43」と連続数字です。「これで今日はキャリーオーバーだな」と私は確信しました。「予想通りだ。」ここまで思いました。

続いて5個目は「18」が出現。
ミニロトもそうですが、ロト6も偶数にとりつかれているのかもしれません。

最後を〆る6個目は「11」でした。
16・18・20」と3連飛び石が出現。

ボーナス数字抽せん機に37個の球が落ちて、立会人がボールの数の確認。ボーナス数字の抽せん機が回転しはじめました。
28」が出現。
ひとまず数字は確定。

当せん金額の発表も「ロト6」ならではですが、今回も1等が出るのかどうかが注目の的。
大型ディスプレーに表示された1等の欄には「該当なし」。
しかも他の等級はすぐに数字が出たのに1等だけほんの0.3秒くらい遅れて表示されたので、その瞬間キャリーオーバーしたと思いました。売り上げが大きかったためキャリーオーバーも2億円でした。来週は大きく賭けに出る価値がありますよ。30日に乞うご期待!!!
ロト6摘出順 セット球 B
第0008回 Bセット 43 16 20 42 18 11 28
第8回ロト6 (2000年11月23日 木曜日)

本数字

11 16 18 20 42 43

ボーナス数字

28
等級 口数 配当金
1等 該当なし 該当なし
2等 2口 93,073,600円
3等 183口 1,220,600円
4等 10,337口 19,000円
5等 216,684口 1,000円
co額/売上 206,832,135円 2,289,082,400円
強烈な年寄弁護士登場!
今週のミニロトでは女性弁護士が登場しましたが、今回は、トンでもない年寄弁護士が登場しました。見たとき一瞬「殿山泰司」が来たのかと思うくらいの年寄でした。使用球の計量では積極的に球を転がしていました。

このページは ミニロト6研究会のコンテンツを原稿元にしています。
sml6 ミニロト6研究会