第10回ロト6抽せん実況中継

2000年(平成12年)12月7日(木曜日)

第10回ロト6・抽せん実況中継:「井森美幸登場!」

12月7日、ついに師走に突入しました。
年末ジャンボの売りだしも順調のようで、私もはじめてのロト6「4億円」が出た西銀座チャンスセンターで20枚買ってみました。あの1番窓口の長蛇の列は毎年何なの???と思ってしまいます。となりから7番までは比較的待たずに買えるのに30分以上も待って買うのはどうも理解できませんね。

宝くじの売り上げも27億円超で、5600万円程度のキャリーオーバーでも皆さんかなり買っているようですねえ。今日こそロト6のキャリーオーバーしたら、年末ジャンボどころではないかも知れませんね。

CS(GAORA)の放送はなかったのですが、6時30分ころ、後方にパイプイスが3つセットされ、誰か来るのかと見ていたら、井森美幸が登場しました。もちろんテレビカメラ付きです。
両隣に若い男と夏みかんみたいな肌のオジさん(名古屋章ではありませんが)を従えての観戦のようでした。この2人の男性も芸能人のようですが、私は知りません。そんなに有名な人ではないとは思いますがね。
今日はリハーサル抽せんから黒山の人だかりで、ロト6のリハーサル抽せんを本抽せん(本番)と勘違いしているビギナーもいました。

第10回ロト6 リハーサル抽せん数字

07 14 25 27 30 35

ボーナス数字

16
1等を夢見るロト6愛好家が見守る中、第10回「ロト6」の抽せんが始まりました。

司会の窓口嬢はおとといのミニロトと同じ人。私はこの人のことはあまり好きではないと書きましたが、数字の桁をスラスラ読めないのも気になります。10桁くらいは流暢に読んで欲しいものです。

注目される第1個目は「01」でした。
場内はドヨメキの嵐。あんまり買われていなかったようです。

期待する2個目は「19」。
ミニロトでは「19」は30週間ご無沙汰ですが、ロト6ではよく出現します。

続いて出現した3個目は「21」。
最近10番台後半から20番台前半で奇数が良くでます。

4個目は先週に引き続き「39」が出現。
私が先週1等4億円を逃した因縁の「39」でした。クソッ。

続いて5個目は「35」が出現。
この「35」も隅に置けない数字です。

最後を〆る6個目は「03」でした。
初登場の数字でした。ここまで連続数字こそありませんが、場内はキャリーオーバーを期待する声がチラホラ。

ボーナス数字抽せん機に37個の球が落ちて、立会人がボールの数の確認。ボーナス数字の抽せん機が回転しはじめました。
26」が出現。
ひとまず数字は確定。

当せん金額の発表も「ロト6」ならではですが、今回も1等が出るのかどうかが注目の的。
大型ディスプレーに表示された1等の欄にはやや遅れて「該当なし」と表示。
売り上げもそこそこ大きかったためキャリーオーバーも3億円弱でした。もう年末ジャンボどころではなくなってきました。
史上最高額のキャリーオーバー額です!!!
ロト6摘出順 セット球 B
第0010回 Jセット 01 19 21 39 35 03 26
第10回ロト6 (2000年12月7日 木曜日)

本数字

01 03 19 21 35 39

ボーナス数字

26
等級 口数 配当金
1等 該当なし 該当なし
2等 11口 19,637,700円
3等 341口 760,100円
4等 17,984口 12,700円
5等 311,772口 1,000円
co額/売上 296,543,942円 2,790,419,400円
よしのみどりさんは緑球の立役者!
最近弁護士立会人がよく登場しますが、今日は全国自治宝くじ事務協議会事務局長代理の「よしのみどり」さんの久しぶりの登場でした。
ロト6では、緑球の出現率が他の球と比較して極端に低いのですが、この人がくるとどうもしゃれではありませんが、緑球が良く出現します。
今日も冗談で緑球が出るかなあと言っていた人がいましたが、見事に2つ出現しました。
また、今日のボタン押し女性行員はCS放送がきていた抽せんで、夢ロトくんから摘出球を取り出していた背の高いM上さんでした。
この人は同一色の球を集中して出すクセがあり、昨年の11月23日のミニロト抽せんでは、リハーサル抽せん、本番ともかなり偏った色を出していました。
今回の本抽せんはそれほどでもなかったですが、リハーサル数字では黄色球を3個出していましたね。

このページは ミニロト6研究会のコンテンツを原稿元にしています。
sml6 ミニロト6研究会