宝くじの買い方 箱買い

MENU

【超・上級者向け】 箱買い

 
“箱ごと”購入!その金額は・・・!?


「ジャンボ宝くじ」は、1ユニット=2,000万枚の年末ジャンボ宝くじを除いて、1,000万枚を購入すれば確実に100%1等に当せんします。その購入金額は、30億円(1ユニット分)です。
それは極端すぎる話だとして、その1,000分の1、“1万枚”を購入してしまおうという“勇者”の買い方が、「箱買い」購入です。

 

宝くじ売り場が受託販売元の「みずほ銀行」へ発注して抽せん券を入庫すると、ダンボール箱に束になった抽せん券が10セット入っています。
この1セットは、1,000枚(30万円分)です。
特連スペシャルは、この1セット分を購入する買い方です。
この買い方のさらに上をいく、スーパーエキスパート向けの買い方が、「箱買い」購入。つまり、このダンボール箱(10セット)ごと買い取ってしまおうという買い方です。購入金額は、300万円です。

 

連番での「箱買い」は、連続番号のストレートの1,000枚が10個。
この1,000枚のスタート下3ケタが「000番〜999番」。
例えば、「139000番」〜「139999番」の1,000枚です。
上の3ケタ(下4ケタ以上)は、「111・121・131」とはなっていません。
必ず10万〜19万の10種類です。

 

 

その上3ケタは、法則通りになっています。

例えば、「103●●●番」、「116●●●番」、「129●●●番」。
各1000番台は「3」上がりであったり、「3」下がりであったりします(上がり下がりは、その時の「ジャンボ宝くじ」によって違う場合もあります)。

 

次に「組」が存在するわけですが、各1,000枚の帯のかかった10個には、「組の法則」があります。
「箱買い」のお客さんと接したことがありますが、この法則を「パターン」と呼ぶらしいのです。

例えば、「2パターン」の場合、2ケタの「組」の合計が「2」になる組番号。
「02組・11組・20組・39組・48組・57組・66組・75組・84組・93組」の10パターンあります。
お客さんいわく、「今回は23組かな?5パターンで!」などと「組」を指名するそうです。

 

「箱買い」は、宝くじへの知識がある方向きです。
相応の資金も必要ですが、それに伴う「宝くじ」の知識が無ければ大きなリスクを背負うことになります。
「箱買い」購入者には、実際に高額当せん者がかなり多く潜伏(この場合は1億円以上)しているようですが、彼らは宝くじへの造詣が深いですし、数字ゲームのように論理的に購入する数字を解釈することができます(無造作に購入している方もおられるようです)。
また、ここでは「連番」を解説しましたが、「バラ」になると話は複雑なので割愛します。
このような大口購入は、有名な宝くじ売り場(西銀座チャンスセンター大阪駅前第4ビル特設売場など)でしか対応していないと思われます。

 

↓「大阪駅前第4ビル特設売場」での“大口購入”の受け渡し風景(この1束が1,000枚)。

こちらの“大口購入”は、大阪市北区の「大阪駅前第4ビル特設売場」限定の買い方となります。その点を考慮して、お問い合わせください。
「大阪駅前第4ビル特設売場」は、遠方への通信販売は行っておりません。

 

場所:JR大阪駅から南へ徒歩4分 大阪駅前第4ビル東側(御堂筋側)

「大口で買いたいから紹介してくれ」と申されるなら一応お問い合わせください。ただし、当「速報ナビ:宝くじ当せん番号案内」は宝くじ売り場とは一切関与・関係がございません。したがいまして、お問い合わせされても、ご期待に添えないこともございます。
スポンサード リンク