宝くじの買い方 タテバラ

MENU

【中級者向け】 タテバラ

サマージャンボ宝くじ2016発売!

 

 
「バラ」でも14億円(もしくは20億円)も狙える!タテバラ

通常、バラは“1等のみ”の的中率を高める買い方のため、「前後賞」は狙えません。
「タテバラ」とは、「バラ」一枚一枚が違うワクワク・ドキドキ感を味わいつつ、「前後賞」も狙おうとする大人気の買い方です。
下の赤枠(ヨコ)を見てください。
一枚一枚の「組」、「番号」が全く異なる10枚の「バラ」です。

次に、青枠(タテ)を見てください。
タテで見ると、同じ「組」、連続した数字の「番号」「連番」になっています。
例えば、1等(5億円)の当せん番号が「19組 179621番」(真ん中)だとすると、

前賞(上):「19組 179620番」1億円
1等(中): 「19組 179621番」5億円
後賞(下):「19組 179622番」1億円

1等+前後賞合わせて7億円を“バラなのに”狙える買い方が、「タテバラ」です。
1等7億円+前賞1億5千万円+後賞1億5千万円の年末ジャンボ(第704回全国自治宝くじ)なら、1等+前後賞合わせて10億円が“バラなのに”狙えます。
購入金額は、1セット9,000円です。
2セット18,000円、3セット27,000円、4セット36,000円の購入も可能です。

 

このワクワク・ドキドキ感満載の買い方を最初に発見したのは、「年末ジャンボ(第688回全国自治宝くじ)」で1等+前後賞合わせて10億円×2本という日本一の本数を叩きだした大阪駅前第4ビル特設売場です。
最近では、街でよく見かけるチャンスセンターや日本一の有名店西銀座チャンスセンターなどが「タテバラ」を発売するようになりました(ココ2〜3年の話です)。
「タテバラ」は、ダブルタテ連特連スペシャルと並ぶ、「大阪駅前第4ビル特設売場」では大人気の買い方です。特に、女性のお客さんの購入が多いと聞きます。

大阪駅前第4ビル特設売場の場所
JR大阪駅から南へ歩いて約4分 大阪駅前第4ビル東側(御堂筋側)

宝くじ売り場の窓口で「タテバラをワンセットください。」、「タテバラを2セットください。」、「タテバラを3セットください。」と言えばよいです。
当せん番号の照合が本当に楽しみになる「タテバラ」に今、話題沸騰中です。
スポンサード リンク