宝くじの買い方 ダブル連番・ダブルバラ

MENU

【中級者向け】 ダブル連番・ダブルバラ

サマージャンボ宝くじ2016発売!

 

 
1等+前後賞×2本!14億円も狙える!ダブル買い

「ダブル」とは、ユニット違いの同じ「組」、同じ「番号」セットで購入する買い方です。

 

 

↓実物の「ダブル」抽せん券

※2枚とも同じ「組」、同じ「番号」、「ユニット」だけが違う点にご注目ください。

 

こちらは、日本一の高額当せん売り場大阪駅前第4ビル特設売場でのみ取り扱っているセット商品です。日本一の有名店西銀座チャンスセンターなどでは取り扱っていないので、ご注意ください。また、一般的な呼称ではありません。

“ユニット”ってなに?

「宝くじ」の抽せん券は、「番号」が100000番から199999番までの10万枚あります。
「200000番」のような「番号」は存在せず、必ず「十万の位」は「1」から始まります。

「組」は01組から100組までありますので、10万枚×100=1,000万枚。

この1,000万枚を「1ユニット」と呼びます。
「宝くじ」の1等は、この「1ユニット」の中に必ず1本含まれています。

 

「宝くじ」の発売概要をよく見ると、小さく下記のような記載があります。

上記の場合は「17ユニット」とありますので、ご説明した「1ユニット」(=1,000万枚)が“17セット”あるという意味です。
ということは、「ユニット1 01組 10000番」〜「ユニット1 100組 199999番」全く同じ“ユニット違い”の抽せん券があるということです。

 


上記は、「ユニット17 01組 10000番」〜「ユニット17 100組 199999番」
“ユニットが違うだけ”で、同じ「組」、同じ「番号」の抽せん券が存在する
ということです。
この“ユニット違い”で同じ「組」、同じ「番号」を購入する買い方が「ダブル」です。
あなたが購入した抽せん券の「ユニット」も確認なさってください。

 

「17ユニット」が発売されるということは、「1ユニット」の中に必ず1本含まれていますので、“17本の1等”が出るという意味です。
しかしながら、現実はなかなか17本の1等は出ないものです。なぜならば、17本の1等を出すには、“17ユニット分”が売れなければならないからです。本当に厳密に言えば、“16ユニット分+1枚”でも、その1枚(ユニット17枠)が1等的中券になり、“17本の1等配当”になる可能性はありますが。
2015年(平成27年)のドリームジャンボ(第673回全国自治宝くじ)を例に取ると、事前発表では「17ユニット」を発売すると公表されましたが、およそ「14ユニット」しか売れていません。
つまりこの場合、“14本の1等”しか出ていないことになります。「1等の本数」=「売れたユニット数」によるのです。

14億円も夢じゃない! ダブル連番

「ダブル連番」は、連番“ユニット違い”を20枚セットで購入する買い方です。
1セット目(10枚)

2セット目(10枚)

購入金額は、6,000円です。
例えば、1等の当せん番号が「01組 123451番」だとすると、

1セット目:「前賞 01組 123450番」+「後賞 01組 123452番」を合わせて7億円
2セット目:「前賞 01組 123450番」+「後賞 01組 123452番」を合わせて7億円

2セット合わせて14億円を獲得できます。
これが、大阪駅前第4ビル特設売場「ダブル連番」が大人気の理由です。

“バラ”でも10億円! ダブルバラ

「ダブルバラ」は、バラ“ユニット違い”を20枚セットで購入する買い方です。
1セット目(10枚)

2セット目(10枚)

例えば、1等の当せん番号が「83組 119871番」だとすると、

1セット目:「83組 119871番」5億円
2セット目:「83組 119871番」5億円

2セット合わせて10億円を獲得できます。
本来「バラ」は前後賞が狙えませんので、1セット目「83組 119871番」の5億円で終わりですが、全く同じ「組」と「番号」がもうワンセットあるので10億円も狙えるのです。
欲張りなあなたにオススメの大阪駅前第4ビル特設売場で大人気の買い方です。
※人気セット商品のため準備できない場合もありますので、売り場にてお聞きください。
特連・タテ連なども売り場販売員さんにお聞きください。

 

大阪駅前第4ビル特設売場では、ココでしか購入できない特連スペシャルなどラインナップが豊富です。
しかも、「1●●●●●番」●●●自分の好きな数字に指定できます。
大阪駅前第4ビル特設売場の場所は、JR大阪駅から南へ歩いて約4分、大阪駅前第4ビル東側(御堂筋側)にあり、「ジャンボ宝くじ」発売期間中は“提灯”や“黄色い看板”が非常に目立っているので、誰にでもすぐに場所が分かります。
スポンサード リンク