ダブル連番・ダブルバラ

ダブル連番・ダブルバラとは

ダブルとは、ユニット違いの同じ「組」、同じ「番号」をセットで購入する買い方です。
ダブルとは
↓実物の「ダブル」抽せん券
ダブルとは
2枚とも同じ「組」、同じ「番号」、「ユニット」だけが違う点にご注目ください。

ドリームジャンボ宝くじ(第743回全国自治宝くじ)なら、1等・前後賞合わせて5億円を2セット(=10億円)獲得する可能性がある買い方です。

ダブルは、日本一の高額当せん売り場大阪駅前第4ビル特設売場でのみ取り扱っているセット商品です。
日本一の有名店西銀座チャンスセンターなどでは取り扱っていないのでご注意ください。
また、一般的な呼称ではありません。
ダブルとは

宝くじの抽せん券は、「番号」が100000番から199999番までの10万枚あります。
「200000番」のような「番号」は存在せず、必ず「十万の位」は「1」から始まります。
ユニットとは
「組」は01組から100組までありますので、10万枚×100=1,000万枚。
ユニットとは
この1,000万枚を「1ユニット」と呼びます。
宝くじの1等は、この「1ユニット」の中に必ず1本含まれています。

宝くじの発売概要をよく見ると、小さく下記のような記載があります。
ユニットとは
上記の場合は「17ユニット」とありますので、ご説明した「1ユニット」(=1,000万枚)が“17セット”あるという意味です。
ということは、「ユニット1 01組 10000番」〜「ユニット1 100組 199999番」と全く同じ“ユニット違い”の抽せん券があるということです。
ユニットとは
ユニットとは
上記は、「ユニット17 01組 10000番」〜「ユニット17 100組 199999番」。
“ユニットが違うだけ”で、同じ「組」、同じ「番号」の抽せん券が存在するということです。
この“ユニット違い”で同じ「組」、同じ「番号」を購入する買い方がダブルです。
あなたが購入した抽せん券の「ユニット」も確認なさってください。


ダブルバラは、バラの“ユニット違い”を20枚セットで購入する買い方です。

1セット目(10枚)
ダブルバラとは
2セット目(10枚)
ダブルバラとは
例えば、1等の当せん番号が「83組 119871番」だとすると、

1セット目:「83組 119871番」5億円
2セット目:「83組 119871番」5億円

2セット合わせて10億円を獲得できます。
本来バラは前後賞が狙えませんので、1セット目「83組 119871番」の5億円で終わりですが、全く同じ「組」と「番号」がもうワンセットあるので10億円も狙えるのです。
欲張りなあなたにオススメの大阪駅前第4ビル特設売場で大人気の買い方です。
※人気セット商品のため準備できない場合もありますので、売り場にてお聞きください。
特連・タテ連なども売り場販売員さんにお聞きください。