ロト6の当選番号速報

第886回 ロト6当せん番号速報 | 2014年7月31日 木曜日抽せん

 

第一数字

第二数字

第三数字

第四数字

第五数字

第六数字

ボーナス数字

07

10

13

23

34

39

11

スポンサード リンク

等級

口数

配当金

1等

1口

120,138,400円

2等

14口

7,723,100円

3等

259口

500,900円

4等

12,508口

9,100円

5等

201,571口

1,000円

次回へのキャリーオーバー額

販売総額

0円

1,497,857,800円

第886回の使用セット球は「Iセット」(2014年7月31日 18時17分発表)

セット球 

前回:第877回以来、9回の間隔を空けての使用です。

※「08」以降は「01」からのループ色となります。「Iセット」なら「08」は「緑色の08」です。

抽せん会場 東京「ドリーム館」(東京都中央区京橋)
問題発生 特になし

「ロト6(シックス)」の当せん条件を確認しよう!

等級

当せん金額

当せん条件

当せん確率

1等

100,000,000円

申込み数字が本数字6つ全てに一致 

6,096,454分の1

(組み合わせ:1通り)

2等

15,000,000円

申込み数字6個のうち5個が本数字に一致し、さらに申込み数字の残り1個がボーナス数字に一致

1,016,076分の1

(組み合わせ:6通り)

3等

500,000円

申込み数字6個のうち5個が本数字に一致

28,224分の1

(組み合わせ:216通り)

4等

9,500円

申込み数字6個のうち4個が本数字に一致

610分の1

(組み合わせ:9,990通り)

5等

(固定)1,000円

申込み数字6個のうち3個が本数字に一致

39分の1

(組み合わせ:155,400通り)

※当せん金額は、理論値の配当金になります。

直近10抽せん回分の流れ(第886回終了現在)

ロト6予想の大原則:
原則1: 引っ張り数字連続数字飛び石出現のうち、最低1個を取り入れる。
原則2: “数字の平均化”から、良く出ている数字ではなく、直近で出現率の悪いゾーンを取り入れる。
原則3: 引っ張り数字はタテ3連続まで、連続数字はヨコ3連続まで、飛び石出現は3間飛びまでを上限とする。
原則4: 同一下1ケタを、最低1個は取り入れる。

第886回抽せんの連動数字(本数字のみ)

 

引っ張り数字・・・なし
連続数字・・・なし
飛び石出現・・・07番

第886回抽せんの連動数字(本数字+ボーナス数字)

 

引っ張り数字・・・なし
連続数字・・・10番+11番(B数字)
飛び石出現・・・07番

直近10抽せん回の組み合わせ:(本数字のみ)

 

引っ張り数字連続数字飛び石出現=2回
引っ張り数字連続数字=0回
引っ張り数字飛び石出現=1回
連続数字飛び石出現=1回
引っ張り数字のみ=1回
連続数字のみ=1回
飛び石出現のみ=2回
連動性なし=3回

第886回の同一下1ケタ:

 

13番+23

第886回抽せんの空白ゾーン

第886回現在の引っ張り数字表一覧。

全数字の評価:
第886回抽せんにおける連動性の無さは、前回の引っ張り数字一覧を見れば至極当然。ただし、閑散とした低数字(01番〜09番)の中にも、ポツンと地味に07番が飛び石出現となった。
第883回「連動性なし」→第884回「過剰連動性」→第885回「連動性なし」→第886回「(地味に)連動性あり」と、前回から極端な振り幅には至らなかった。出目は、『バランス型』
前回解説通り、11番〜14番のゾーンが完全な空白ゾーンだったので、「ボーナス数字」11番も含めて、このゾーンに3個も数字が噴出した。こちらも自然な流れ。ミニロトと同じく、「ロト6」も次第に荒れ模様がおさまってきた。
対比は、当サイトの評価をご覧になられている方ならお馴染みの「(直近の)出現間隔が短い数字4:(直近の)出現間隔が長い数字2」の黄金比率。こちらは、期待を裏切らない安心・安定の比率。

出現間隔が短い数字:07番、10番、23番、34番
出現間隔が長い数字:13番、39番

「10番台」が台頭しつつある流れだが、未だに「30番台」がくすぶっている状態が続く。ただし、36番、37番の飛び石出現の数珠つなぎにはならなかった。すべての数字が、分散した模様。
構成を見ると、出現率の高い上位数字組は、23番(出現回数:137回、出現率15.5%)、10番(出現回数:134回、出現率15.1%)、39番(出現回数:132回、出現率14.9%)、13番(出現回数:129回、出現率14.6%)
出現率の低い下位数字組は、34番(出現回数:122回、出現率13.8%)、07番(出現回数:117回、出現率13.2%)
「ロト6」、「ロト7」ともに最強数字の23番。そして、10番、39番、13番が出現率の極めて高い数字。一方、34番、07番が出現率の極めて低い数字で、両極端な出現率の対比となっている。つまり、「出現間隔」も「出現率」も、昨今では「4:2」の黄金比率が高確率で続いている状態だ。
今回は、「20番台」と「30番台」が出現した。「20番台」なら、25番、26番。「30番台」なら、36番〜38番の連動性ゾーンではなく、新しい独立した成長曲線の数字が出現しつつある。今後の20番以降の数字は、過去の色付きゾーンはなるべく避けて、直近ではまだ連動性の無い数字の隙間、隙間を狙っていきたい。
次回の第887回抽せん以降は、まずは今回発生しなかった引っ張り数字を組み合わせるのが基本。そ今回より徐々に流れが新しくなってきた数字の中で、いつまでも25番付近、37番前後に盛況が続くわけが無い。
19番〜21番が「本数字」ではずっと空白ゾーンだが、このゾーンにこだわらず、14番以降の中間数字に徐々に「連動性」の波がやってくるのは過去の流れを見ても自然。また、今回の07番、第884回の02番(出現回数:123回、出現率13.9%)を皮切りに、第887回抽せん以降は低数字〜中間数字に移行していく。これは、間違いないだろう。
直近では発生率が低い連続数字も予想に組み合わせるのもポイントだろう。
過去27回分のマークシートの流れも確認しながら、流れが低数字化していくであろう第887回抽せんを攻略したい。

スポンサード リンク

数字選択式宝くじの刺客人“ミスターX”のロトくじ暴露情報

Mr.X 衝撃の第一弾!

還元率の真実を!第二弾

システム欠陥を突く第三弾!

 

彗星の如く現れたMr.Xの出世作。1等、2等が【該当なし】だった第798回のCO額の誤りを暴きます。

 

業界のタブー!?数字選択式宝くじロト7の【還元率の真実】をご存知ですか?Mr.Xが分かりやすく解説。

 

過ちは繰り返される・・・あのMr.Xが、みずほ銀行のシステム開発の欠陥を遂に暴露します。

“出目順”価値を語る第四弾!

第34回ロト7に噛み付く第五弾!

第728回ロト6に異議申立の第六弾!

昇順に並び替えられる前の“出目順”の価値をご存知ですか?Mr.Xが、出目順という名のブルーオーシャンを語ります。

第34回ロト7抽せんでの失態・・・史上最悪のトラブル、第三数字でのボールが抽出されなかった問題について、Mr.Xが噛み付きます。二度とこのようなことが起こらないように・・・。

2014年第一発目の第728回ロト6抽せん。新年早々“やっちまった”第六数字抽出のトラブル。みずほ銀行、そして、進行役の女性行員に、あのMr.Xが今年も吠える!

Mr.X、ファン待望の第七弾!

2014年2月6日(木)に発生した“証拠隠滅”に、あのMr.Xが吠えまくる!
→ 証拠ビデオを見たいあなたは、ここをクリック!

Mr.X、ファン待望の第八弾!

もはや天然記念物・・・連日の失態に、あのMr.Xもため息・・・。
→ 目を疑う“ありえないビデオ”を見たいあなたは、ここをクリック!

続・Mr.X、第八弾その2!

“ギャグセンスゼロ”のパフォーマンス!?あのMr.Xの拳が小刻みに震え始めた・・・。
→ 信じられないでしょうが、追加発生です!!(2014.3.27ロト6第850回)


ロト7当選番号速報 ロト6当選番号速報 ミニロト当選番号速報