ミニロト当選番号速報最新 第1188回 2022年7月5日(火)

MENU

第1187回 ミニロト|2022年6月28日 Dセット

ミニロト当選番号速報一覧は18時45分から更新中

 

1個目

2個目

3個目

4個目

5個目

B数字

03

05

06

11

23

16

スポンサード リンク

等級

口数

配当金

条件

1等

19口

8,651,200円

本数字5個に一致

2等

89口

132,600円

本数字4個
+B数字に一致

3等

2,794口

7,300円

本数字4個に一致

4等

67,811口

700円

本数字3個に一致

販売実績額

6月ミニロト当選番号一覧

555,973,400円

ミニロト当選番号一覧過去

スポンサード リンク

第1188回ミニロト(MINILOTO)当選番号速報最新一覧

第1187回ミニロトリハーサル数字

1個目

2個目

3個目

4個目

5個目

B数字

08

12

19

20

25

04

B

本番

03

05

06

11

23

16

リハ

08

12

19

20

25

04

赤数字…本数字合致

青数字…ボーナス数字合致

スポンサード リンク

第1187回の使用セット球はDセット

第1188回ミニロトの使用セット球はDセット

ミニロトセット球はアルファベット順に「A」、「B」、「C」、「D」、「E」、「F」、「G」、「H」、「I」、「J」まで10種類あります。
各ケースに31個のボールが入っています。それが10種類。
基本的にセット球は10回間隔で使用されるのが正常です。
ミニロト使用セット球の決定は機械によるランダム選択ではなく「みずほ銀行 宝くじ部」の人間が決めています。使用ミニロトセット球だけは人間の意志決定が入り込みます。
このセット球の存在を世に知らしめたのはミニロト6研究会(SML6)です。
2020年4月7日(火)、新年度に合わせて「数字選択式宝くじミニロト」のボール色が一新。配色はビンゴ5セット球に統一されました。
ただし「Aセット」〜「Jセット」(10種類)の色の配列は、ビンゴ5の「Aセット」〜「Hセット」(8種類)と同一ではありません。

2020年度〜2021年度 数字選択式宝くじ 売上

ミニロト当選番号速報最新 みずほ銀行

売上の変動が激しいロト7ロト6に比べて、日本最古のロトくじミニロトは1回号辺りの販売実績額が非常に堅実。前年比ベースでも毎年100%を超えており揺らぎがない。

2021年度

販売実績額

抽せん回数

1回号辺り平均

前年比

前年比%

ナンバーズ

807.08億円

250回

3.23億円

−17.98億円

97.8%

ロト7

974.73億円

46回

21.19億円

−236.77億円

80.5%

ロト6

1,554.21億円

94回

16.35億円

+128.39億円

109.0%

ミニロト

270.64億円

47回

5.76億円

+14.74億円

105.8%

ビンゴ5

139.73億円

48回

2.91億円

+18.88億円

115.6%

着せかえ

8.15億円

250回

300万円

−0.99億円

89.2%

累計

3,746.40億円

−92.74億円

97.6%

※宝くじの決算は3月。2022年3月までが2021年度。
※抽せん回数によっても販売実績額は変わります
ロト7ロト6キャリーオーバー発生率で販売実績額は変わります

↑(1年後)↑

2020年度

販売実績額

抽せん回数

1回号辺り平均

前年比

前年比%

ナンバーズ

825.06億円

251回

3.29億円

+20.41億円

102.5%

ロト7

1,211.51億円

46回

26.34億円

+165.43億円

115.8%

ロト6

1,425.82億円

94回

15.17億円

+36.20億円

102.6%

ミニロト

255.91億円

48回

5.33億円

+16.29億円

106.8%

ビンゴ5

120.85億円

48回

2.52億円

−7.32億円

94.3%

着せかえ

9.13億円

252回

400万円

累計

3,839.14億円

+231.01億円

106.4%

着せかえクーちゃんは2020年4月から取り扱い開始
(厳密には着せかえクーちゃんは数字選択式宝くじではありません)
※宝くじの決算は3月。2021年3月までが2020年度。

固定お知らせ
ミニロト当選番号速報最新 みずほ銀行

 

ミニロトセット球ロト6セット球と統一されました(2020/04/07)

ロト6のセット球が変わりました(2019/04/01)

数字選択式宝くじの大阪進出が発表されました(2007/02/06)

電子天秤への変更が発表されました(2006/03/16)

なんと、ステージ右側の「夢ロトくん」が展示してあるところに妙な掲示を発見!

ミニロトのセット球が公開されました(2004/08/17)

現在では当たり前のように公開される使用セット球も、この日が正式な出発点でした。

京橋・新ドリーム館で1回目のミニロトが抽せんされました(2004/01/06)

足掛け20年以上内幸町にあった「東京宝くじドリーム館」が京橋に移転して、昨日オープンしました。

内幸町・旧ドリーム館での最後のミニロトが抽せんされました(2003/12/30)

今日の第232回ミニロトの抽せんで内幸町のドリーム館はすべての役割を終えることとなりました。

ミニロトの球が低倍発泡スチロール製からポリスチレン製に変わりました(2003/06/03)

本日はミニロト史上初の使用球フルモデルチェンジの日でした。

ポリスチレンは(C6H5C2H3)nのポリマーで、スチレンC6H5CH=CH2の付加重合体です。

販売実績額が初めて公開されました(2002/02/12)

それまで未発表だった「現・販売実績額」を表記した最初の日。「原則公開」に則り、ディスクロージャーの前進をうかがわせる。

数字選択式宝くじミニロト最古の記録(2000/08/01)

現存する最古のミニロト抽せんの記録。みずほ銀行公式ホームページではうかがい知ることができないミニロト摘出順、抽せん会エピソード。

ミニロト6研究会
ミニロトエピソード by ミニロト6研究会(SML6)
ミニロト当選番号速報最新 みずほ銀行

 

第348回ミニロト電子天秤導入の初期(2006/03/28)

どうにも釈然としない、電子天秤の導入による抽せんの改悪。

第239回ミニロトリハーサル数字の効用(2004/02/17)

第224回ミニロト「宝くじドリーム館」移転計画出る!(2003/11/14)

何と、東京宝くじドリーム館が内幸町から移転するんだとか!

第1188回数字選択式宝くじ全国自治宝くじミニロト(MINILOTO)抽選結果(当選番号)

東京 宝くじドリーム館
〒104-0031 東京都中央区京橋2丁目5-7
※緊急事態宣言により当面は休館
※無観客抽せんは緊急事態宣言、まん延防止等重点措置の発出時に適用
※2021年10月1日(金曜日) 再開館(緊急事態宣言の解除により)
※2022年3月22日(火曜日) 再開館(まん延防止等重点措置の解除により)