第74回数字選択式宝くじロト7の当選番号速報

第73回 ロト7当せん番号速報 | 2014年8月29日(金)抽せん

 

第一数字

第二数字

第三数字

第四数字

第五数字

第六数字

第七数字

ボーナス数字1個目

ボーナス数字2個目

本数字では第72回以来、0回(連続出現)の間隔を空けての出現

12

本数字では第64回以来、8回の間隔を空けての出現

16

本数字では第65回以来、7回の間隔を空けての出現

23

本数字では第67回以来、5回の間隔を空けての出現

25

本数字では第70回以来、2回の間隔を空けての出現

27

本数字では第63回以来、9回の間隔を空けての出現

30

本数字では第72回以来、0回(連続出現)の間隔を空けての出現

32

ボーナス数字では第41回以来、31回の間隔を空けての出現

28

ボーナス数字では第67回以来、5回の間隔を空けての出現

33

スポンサード リンク

等級

口数

配当金

1等

該当なし

該当なし

2等

9口

8,881,600円

3等

96口

1,165,600円

4等

4,888口

13,400円

5等

79,551口

2,000円

6等

137,375口

1,000円

次回へのキャリーオーバー額

販売総額

239,746,775円

1,763,455,500円

第73回の使用セット球は「Hセット」(2014年8月29日 18時22分発表)

使用セット球 

前回:第63回抽せん以来、9回の間隔を空けての使用です。

※「08」以降は「01」からのループ色となります。「Hセット」なら「08」は「青色の08」です。

抽せん会場 東京「ドリーム館」(東京都中央区京橋)
問題発生 特になし

「ロト7(セブン)」の当せん条件を確認しよう!

等級

当せん金額

当せん条件

当せん確率

1等

400,000,000円

申込み数字が本数字7つ全てに一致

10,295,472分の1

2等

10,000,000円

申込み数字7個のうちが6個が本数字に一致し、さらに申込み数字の残り1個がボーナス数字2個のうち1個に一致

10,295,472分の14

3等

1,000,000円

申込み数字7個のうち6個が本数字に一致

10,295,472分の196

4等

12,500円

申込み数字7個のうち5個が本数字に一致

10,295,472分の9,135

5等

2,000円

申込み数字7個のうち4個が本数字に一致

10,295,472分の142,100

6等

1,000円

申込み数字7個のうち3個が本数字に一致し、さらにボーナス数字の1個または2個に一致

10,295,472分の242,550

「毎週金曜日」が、「ロト7」の抽せん日となります。抽せん時間帯は、18時45分からです。
抽せん日当日の18時48分(夜6時48分)より、ロト7当選番号速報をお伝えします。
フルキャリーオーバーに達した時点で、上限額の1等賞金8億円になります。
「フルキャリーオーバー」とは、1等の繰り越し金が上限額に達した状態を言います(公式用語ではありません)。
1等賞金の理論値は4億円ですが、配当本数が多くなればなるほど、配当金は低くなります。
「本数字抽せん」と「ボーナス数字抽せん」のご説明は、こちらです。

第73回抽せんの「マークシート分析」と「予想」

第68回〜第73回のマークシート

・・・前回からの引っ張り数字   ・・・飛び石出現(前々回からの復活数字)

・・・(タテ)連続数字   ・・・(ヨコ)連続数字

次回:第74回抽せんマークシート「4つのポイント」

 

第73回抽せんマークシートは、全73回中5回しか存在しない「引っ張り数字のみ」の珍しい連動性。
第72回抽せんの過剰「タテの連続数字」(3ヶ所)の「反動」か?

 

「反動」はもう一ヶ所。前回、三の列のノーマークから一転して、4個の過剰マーク。
「一の列」が2回連続でノーマークなので、次回の第74回抽せんでは今回の「三の列」同様に、過剰マークの恐れがあり。

 

「下1ケタ」は過去6回、すべて満遍なくマークされているが、強いていえば「下1ケタ:4」が2回連続ノーマーク。第69回、第70回抽せんでもノーマークで、直近では一番弱い「ヨコ一列」。

 

「ロト7」では2回に1回は発生する「ヨコの連続数字」が5回連続で発生無しなので、次回以降に備えを。

 

スポンサード リンク

「第一数字」〜「第七数字」★☆★出現ランキング@ベスト3!

第73回の構成パターン 当てやすさ:

第73回の構成パターン

ロト7の構成パターンとは?

ロト7予想の大原則:
原則1: 引っ張り数字連続数字飛び石出現のうち、必ず最低2個を取り入れる。
原則2: “数字の平均化”から、良く出ている数字ばかりではなく、直近で出現率の悪いゾーンも取り入れる。
原則3: 引っ張り数字はタテ3連続まで、連続数字はヨコ3連続まで、飛び石出現は3間飛びまでを上限とする。
原則4: 同一下1ケタを、最低1個は取り入れる。 ※下記参照
原則5: プラス・マイナス「1」の近似値を取り入れる。

全73抽せん回の組み合わせ:(第1回を除く「本数字」のみ)

 

引っ張り数字連続数字飛び石出現=34回
引っ張り数字連続数字=13回
引っ張り数字飛び石出現=8回
連続数字飛び石出現=6回
引っ張り数字のみ=5回 ←第73回はコレ!
連続数字のみ=2回
飛び石出現のみ=4回
連動性なし=0回

第73回の同一下1ケタ:

 

12番+32

ランキング

第一数字

第二数字

第三数字

第四数字

第五数字

第六数字

第七数字

 

01

06

12

15,17

24

30

36

 

02

10

11,13

23

27

28,31,32

35

 

04

04

08,16,19

22

23

29

33,37

01〜09

65回

42回

20回

 9回

 0回

 0回

 0回

10〜19

 7回

28回

42回

35回

14回

 4回

 0回

20〜29

 1回

 3回

11回

28回

51回

35回

13回

30〜37

 0回

 0回

 0回

 1回

 8回

34回

60回

ランキング・データ第73回抽せん分(2014年8月29日)まで

最新データから算出した、「第一数字」〜「第七数字」別出現ランキング。
第73回抽せんまで全体を俯瞰してみると、ロト7の予想は、「第三数字」と「第四数字」がキーポイントだと分かる。
あくまでも『バランス型』に集中砲火することを心がけて、偏り過ぎた出目はバッサリと切り捨てることが、3等以上を的中させる最重要ポイントだ。「引っ張り数字表一覧」と「マークシート」の両者を見比べながら、次回の予想をしよう!

 

ランキング

第一数字

第二数字

第三数字

第四数字

第五数字

第六数字

第七数字

 

13,20

21,23,24

03,04,17

20,21,23,

24,25,28

29

05,06,07

26,27,28

31

19,31,32

33

20,36

21,25,27

 

08

02,09,14

16,17

06,10,22

26

09,10,11

14,20,25

14,15,18

30

18,19,22

24,25

23,31

 

06,09,11

12

11

09,15,18

13,16,18

21,29

17,25,29

34

21,26,27

35

29,32

逆ランキング・データ:第73回抽せん分(2014年8月29日)まで
スポンサード リンク

 

第72回抽せん(2014年8月22日)終了時点の「空白ゾーン」と「過剰出現ゾーン」
第72回抽せん終了時点の「空白ゾーン」と「過剰出現ゾーン」

第73回抽せん(2014年8月29日)終了時点の「空白ゾーン」と「過剰出現ゾーン」
第73回抽せん終了時点の「空白ゾーン」と「過剰出現ゾーン」

・・・空白ゾーン(出現間隔8回以上:「ボーナス数字」を除く):7ヶ所

・・・出現間隔3回以内の過剰出現ゾーン(今回「本数字」7個を含む):23ヶ所

※出現間隔8回=約1ヶ月間未出現  ※「本数字抽せん機」と「ボーナス数字抽せん機」は異なります

「空白ゾーン」と「過剰出現ゾーン」から読み解く

第73回抽せん(第72回抽せん終了時点の「空白ゾーン」と「過剰出現ゾーン」を参照)の対比は、

「出現過剰ゾーン3 : 空白ゾーン2 : それ以外2」

で、「それ以外」から2ヶ所も出現してしまった。

 

特に、「ロト7」で最高出現回数を誇る23番(「本数字」出現回数:22回 / 「総合」出現回数:23回)が、「本数字」では7回も出現間隔を空けての久しぶりの出現ゆえに、油断していた数字だ。
25番は、一度出現すると長い空白期間を要する特性を持つ数字だけに、わずか5回の出現間隔で再出現で、こちらもノーマーク数字だった予想家が多いことだろう。
ただ、最強数字だった23番も、04番(「本数字」出現回数:20回 / 「総合」出現回数:22回)28番(「本数字」出現回数:19回 / 「総合」出現回数:22回)の追い越せ!追い抜け!の勢いに押されて、近年では影が薄くなっている。

 

「空白ゾーン」は、2ヶ所と標準的。
しかし、第72回抽せんの時点で「空白ゾーン」8ヶ所あったが、第73回抽せんで7ヶ所に減った。
次回の第74回抽せんでの「空白ゾーン」1ヶ所とするべきだろう。

 

本抽せん回における20番台過多は、第66回抽せん以降、31番35番の過剰数珠つなぎ状態()の「反動」と取れる。
第73回抽せん時点での尚、30番台は衰えを知らないが、次第にこの盛況状態は20番台へ移行していくだろう。

 

そうなると、2回連続で「空白ゾーン」と化している、01番06番09番を除く低数字(01番09番)。
第73回抽せんの「反動」が色濃く出た場合、01番01番)と06番飛び石出現として出現。
それ以外はほとんどが「空白ゾーン」になっているので、特に「空白ゾーン:1 or 2」になる可能性が大きい。

 

「出現ランキング@ベスト3」から読み解く

2回連続で、全73抽せん回中わずか7回しか出現していない「第一数字」に10番台の現象。

 

「第一数字」10番台が出現してしまうと、以後「第二数字」以降は各ケタの適正数字にズレが生じてくるのはお決まり。
「第三数字」23番は初登場になり、「第一数字」〜「第四数字」、「第七数字」の5ケタが出現ランキング」に軍配。
つまり今回の第73回抽せんは、全7個中5個が“出現回数の極めて低い数字群の組み合わせ”になってしまったことを意味する。

 

手堅く当てられたのは、「空白ゾーン」「第六数字」では鉄板中の鉄板、30番だけだったかもしれない。
27番「第五数字」では常連中の常連で、このケタは25番を除く、23番27番の間でほぼ完璧だろう。

 

加えて、連続数字飛び石出現も発生せず、予測の手がかりが希薄であり、「1等該当なし」のキャリーオーバーも充分に納得できる抽せん回だった。

 

ただし、32番32番)は、直近では「第七数字」でグングンと伸びてきている数字。

 

荒れ模様の根源となっている「第一数字」10番台が収まってくれない限り、「出現ランキング」は使えない。
「第一数字」の低数字化と、「3つの連動性」引っ張り数字連続数字飛び石出現)が戻らない限り、しばらく様子見が吉かもしれない。

 

尚、「1等8億円」独占の“大穴狙い”なら、積極的に出現ランキング」を活用しよう。

数字選択式宝くじの刺客人“ミスターX”のロトくじ暴露情報

Mr.X 衝撃の第一弾!

還元率の真実を!第二弾

システム欠陥を突く第三弾!

 

彗星の如く現れたMr.Xの出世作。1等、2等が【該当なし】だった第798回のCO額の誤りを暴きます。

 

業界のタブー!?数字選択式宝くじロト7の【還元率の真実】をご存知ですか?Mr.Xが分かりやすく解説。

 

過ちは繰り返される・・・あのMr.Xが、みずほ銀行のシステム開発の欠陥を遂に暴露します。

“出目順”価値を語る第四弾!

第34回ロト7に噛み付く第五弾!

第728回ロト6に異議申立の第六弾!

昇順に並び替えられる前の“出目順”の価値をご存知ですか?Mr.Xが、出目順という名のブルーオーシャンを語ります。

第34回ロト7抽せんでの失態・・・史上最悪のトラブル、第三数字でのボールが抽出されなかった問題について、Mr.Xが噛み付きます。二度とこのようなことが起こらないように・・・。

2014年第一発目の第728回ロト6抽せん。新年早々“やっちまった”第六数字抽出のトラブル。みずほ銀行、そして、進行役の女性行員に、あのMr.Xが今年も吠える!

Mr.X、ファン待望の第七弾!

2014年2月6日(木曜日)に発生した“証拠隠滅”に、あのMr.Xが吠えまくる!
→ 証拠ビデオを見たいあなたは、ココをクリック!

Mr.X、ファン待望の第八弾!

もはや天然記念物・・・連日の失態に、あのMr.Xもため息・・・。
→ 目を疑う“ありえないビデオ”を見たいあなたは、ここをクリック!

続・Mr.X、第八弾その2!

“ギャグセンスゼロ”のパフォーマンス!?あのMr.Xの拳が小刻みに震え始めた・・・。
→ 信じられないでしょうが、追加発生です!!(2014.3.27ロト6第850回)


ロト7当選番号速報 ロト6当選番号速報 ミニロト当選番号速報